鰊文化歴史公園
松浦武四郎翁の像
「北海道」の名付け親である松浦武四郎翁は日本沿岸探索の際、
当地に立ち寄りました(安政4年 1856年)そのときに鬼鹿を詠んだ詩が、
資料により今も残っております。